スルスルこうそ落とし穴

体内で働く酵素をサポートする「スルスルこうそ」。


>>スルスルこうそを見る?


でも・・・


スルスルこうそを飲んでるけど・・・

いまいち効果が実感できないんだよねぇ。
スルスルこうそ落とし穴


このような人も少なからずいるはずです。


もしかしたら、そんなあなたは「落とし穴」にどっぷりハマってしまっているのかもしれません。

このページでは、
スルスルこうそ落とし穴
効果を実感できない理由は、スマホのヘビーユーザーだから?
・・・というテーマでお話しをしたいと思います。




落とし穴に注意!スマホの使い過ぎがスルスルこうそを無駄にする?

私たちにとって、スマートフォンは生活をする上で必需品なのではないでしょうか?


下記の表を見て分かる通り、若い層を中心にスマホはこれだけ普及しているのです↓

スルスルこうそ落とし穴

※平成26年通信利用動向調査より



特に20代は、ほとんど全員が所有しているといった具合です。


こんなふうに、たくさんの人に使われるようになったスマホですが、携帯電話(ガラケー)に比べて電磁波が強いのです。


電磁波とは、電場と磁場が変化することによって発生する波動のことで、赤外線や紫外線も電磁波の一種です。


スマホの電磁波は800MLz~2,000MLzくらいですが、これよりもう少し高い電磁波を発生する家電は「電子レンジ」になります。

スルスルこうそ落とし穴

電子レンジが発生させる電磁波は、食べ物の中の水分だけをピンポイントで加熱することができますが、スマートフォンが放つ電磁波もこれと同じ性質を持ちます。


ただ、ICNIRP(国際非電離放射線防護委員会)という専門機関があり、携帯式の電話が発生させる電磁波の上限を定めているため、健康被害が起こる可能性は極めて少ないわけです。


しかし・・・


スマートフォンが放つ電磁波によって私たちは被爆し、人体への悪影響が確実にあるわけです。

その1つに、体内の活性酸素の増加があげられます。


>>スルスルこうそを見る?




落とし穴の実態は「活性酸素」…これって一体何?

スマートフォンが放つ電磁波が原因となって生み出す「活性酸素」とは一体何なのでしょうか?


活性酸素とは簡単に説明すると、「酸化力の強い酸素」の総称です。


私たちは、常時呼吸によって酸素を体内に取り入れていますが、酸素はミトコンドリアと呼ばれる細胞内の器官でエネルギーに変換されます。


この過程で活性酸素は誕生します。


ただ、この活性酸素は私たちにとって必要な物質で、体内に入り込んでしまった病原菌を退治したり、ウィルスを殺菌したりしてくれます。


問題なのは、増え過ぎてしまうことです。

スルスルこうそ落とし穴

活性酸素が増え過ぎてしまうと、金属がサビるのと同じように、体全体が酸化します。


その影響で、お肌にシミが出来たリ、シワが出来たリして体全体が老化していきます。


>>スルスルこうそを見る?




活性酸素がスルスルこうその効果を打ち消す?

前項で、活性酸素の作用についてお話ししましたが、この活性酸素の働きは、スルスルこうその狙いとは真逆の働きです。


スルスルこうその狙いは、消化をフォローして、腸内環境を整え、ダイエットや美肌に繋げることです。


ですので、そのような意味で、活性酸素の増え過ぎは、スルスルこうその効果を打ち消してしまうということです。


また、活性酸素が必要以上に増えることによって、私たちの体内酵素はそれを除去する作業に追われます。


活性酸素は体内酵素に負担をかけるわけです。


>>スルスルこうそを見る?




スルスルこうその効果を実感するためにも活性酸素を増やさないようにしよう

スマートフォンと共に生活し続ける限り、私たちは電磁波を浴びっ放しになります。


それは、ある意味で、スルスルこうその効果を打ち消す要因となりますし、そもそも健康にも良くないわけです。


(紫外線が健康に良くないのと一緒です。紫外線も電磁波ですから)


ですので、最も良い形は、スマホを無駄にいじらないように常に意識することです。 自分自身の行動をもう一度よく見直してみて下さい。


家事や仕事や授業中のちょっとした隙間時間にスマホを無駄にイジリまくっていないでしょうか?

スルスルこうそ落とし穴

その瞬間、あなたの体内で活性酸素はどんどん増えています。


スルスルこうその効果を実感できない体にどんどんなっていくわけです。


ですので、スマホから離れる時間を意識的に設けてみてはどうでしょうか?

>>スルスルこうそを見る?