スルスルこうそ痩せない

「スルスルこうそ」は食べ物を酵素の力で柔らかく吸収しやすくし、同時に乳酸菌を届けることで腸を元気にします。


>>スルスルこうそを見る?


要するに、腸を起点としてダイエット効果を狙ったサプリメントというわけです。


ですので、受け皿である腸の環境はスルスルこうその効果に大きく影響すると考えられます。


ですので、このページでは、

スルスルこうそ痩せない
  • スルスルこうそ飲んでも痩せない原因は腸内環境かも?
  • スルスルこうその効果を最大限に引き出す腸内環境作りに必要な2つのポイント
について、お話ししたいと思います。




「スルスルこうそ痩せない」原因は腸内環境

冒頭でお話ししたように、スルスルこうそは「酵素」と「乳酸菌」の力で腸内環境を良くすることが狙いです。


スルスルこうそ痩せない


あなたも時々、風邪を引くと思います。その時どういう行動を取りますか? 例えば、医者で処方された薬を飲んで、完治するまで温かくして、安静にして過ごしたりしますよね?


風邪薬を飲んだから大丈夫と割り切って、体を冷やすようなことをしたり、外に遊びに行ってしまうようなことは普通しないハズです。

なぜなら、せっかくの風邪薬の効果が無くなってしまうからです。


これと同じで、せっかく腸内環境を良くしよう!良くしよう!と頑張る「スルスルこうそ」に対して、私たち自身が腸内環境を悪くする行為をしてしまっては、スルスルこうそを飲む意味がないわけです。


多くの人がダイエットサプリを飲んで「痩せない痩せない!」と言うのはこのようなことを理解していないという要因もあるのです。


では、腸内環境を最も悪くする要因とは何なのでしょうか?


答えは“悪玉菌”です。

スルスルこうそ痩せない

悪玉菌は腸に棲んでいる腸内菌です。


まず、スルスルこうそとは真逆の働きをする悪玉菌とは何かを知って、どうやって悪玉菌に対抗したら良いのかを、お話ししていきたいと思います。


>>スルスルこうそを見る?




スルスルこうその効果を打ち消す悪玉菌とは?

腸の状態が良いか悪いかは腸内菌のバランスによって決まります。 腸内菌のバランスが良い腸は蠕動運動(ぜんどう)が活発で、便秘になりにくく、基礎代謝が高いので、痩せやすいのです。


実は、腸内には3種類の菌が一緒に暮らしています。

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌
これらの菌が上から順に、3:1:6の割合で常在している状態がベストな腸内環境と言えます。


でも、これらの菌はお互い仲良く一緒に暮らしているわけではありません。 毎日毎日ケンカをして、縄張り争いをして暮らしているのです。


3種類ある腸内菌のうち、“悪玉菌”はブドウ球菌や大腸菌に代表される菌で、消化不十分な食べ物のカスを見つけると、それをエサにして増殖し、有毒な物質(アンモニア、インドール、フェノール、アミンなど)や有毒なガスを腸内に放出します。


こんなふうにして、腸内に有害なモノが充満すると、腸の運動量が低下して便が排出されにくくなり、便が腸内に溜まるようになります。

スルスルこうそ痩せない

便がどんどん溜まって、腸内が渋滞してくると、その後、新しく腸に入ってきた栄養分がきちんと吸収されることなく行き場を失う形になり、やがて便として体外へ出て行きます。


一方、腸内に溜まった腐敗物の一部は血管に取り込まれてしまい、全身をめぐることになります。


本来、有毒物質でなく、きちんとした栄養分が腸から血管に取り込まれ、細胞の栄養となり、その栄養を燃料として私たちの細胞は代謝するのです。

しかし、これが栄養分ではなく有毒物質だと、細胞の代謝の燃料にはなり得ないわけです。


例えて言うなら廃油のようなものでしょうか。

スルスルこうそ痩せない

このような状態が続くと、私たちの体は代謝が低い体質に変化していきます。


つまり、食べればその分だけ太ってしまう体質になっていってしまうのです。


要するに、悪玉菌は「スルスルこうそ」のやろうとしていることと真逆のことをしようとするのです。


このようなことから、悪玉菌はスルスルこうその効果を弱める要因となります。


ですので、スルスルこうそでダイエットを本気で成功させたいなら、悪玉菌はやっつけてしまった方が良いわけです。


>>スルスルこうそを見る?




「スルスルこうそ痩せない」を防ぐために
① 悪玉菌にエサを与えない

悪玉菌の勢力を抑える一番の方法は、悪玉菌の増殖の元となる“エサ”を与えないことです。薪がなければ火は燃えないということです。


悪玉菌がエサとしているモノは幾つかありますが、基本的に下記の2つが“主食”です。

甘い食べ物
意外かもしれませんが、糖分は消化が悪い食べ物です。

実は、腸内の糖濃度が一定のレベルを超えると、その知らせが胃に伝わり、腸内の糖濃度が一定のレベルを下回るまで胃の運動がストップします。

これを糖反射と呼びますが、この現象が起こると胃で十分に分解されていない食べ物が腸に届くことになり、消化不良を引き起こします。

悪玉菌は消化不良の食べ物が大好物です。ですので、糖分の摂り過ぎは悪玉菌を繁殖させる要因となります。

脂肪の多い食べ物
脂肪は消化の悪い食べ物の代表格です。

通常、食べ物を食べると、私たちの胃は、タンパク質を分解するペプシンや胃酸を分泌して、脂肪を分解しようとします。

それでも脂肪は分解しきれないため、消化不十分のまま腸内に運ばれてしまい、最終的には十二指腸の膵臓から分泌される膵液で分解されることになります。

ですので、脂肪分が多いお肉などは、消化が悪いので、悪玉菌を繁殖させるわけです。


悪玉菌はスルスルこうその反勢力なので、私たち自ら悪玉菌を応援することのないようにしましょう。


>>スルスルこうそを見る?




「スルスルこうそ痩せない」を防ぐために
② ストレスを緩和する

実は、ストレスは腸の運動量を低下させるので、消化活動が鈍り、悪玉菌の増殖を招きます。

スルスルこうそ痩せない

私たちの脳は、ストレスを感知するとそれに対抗しようとして、交感神経と呼ばれる神経を発動させます。


この交感神経が発動されると、血管が縮小され血圧が上がり、テンションが上がるのでストレスに対抗しやすくなります。


しかしその一方で、内臓の機能は低下してしまいます。

つまり、腸の機能も低下しますから、消化が悪くなり、悪玉菌が増殖する形になるのです。


>>スルスルこうそを見る?




スルスルこうその効果を弱める原因をできるだけ排除しよう

これまでのお話しで、スルスルこうそが本領発揮できるかどうかは、スルスルこうその受け皿である、腸内環境の良し悪しに影響されることが分かったのではないでしょうか?


そもそも腸内環境を整えること自体が、ダイエットに効果的ですし、健康にも良いのです。またアンチエイジング(老化防止)にもなります。


ですので、そのような意味でも普段から悪玉菌を増やさない生活習慣を心掛けることをおすすめします。

>>スルスルこうそを見る?