スルスルこうそ痩せない

あなたはお腹を壊しやすく、便秘や下痢になりやすかったり、平熱が36℃を下回っていたり、低血圧だったりしませんか? このような症状は、内臓型冷え症の人に多く見られます。


実は、このように内臓型冷え性の人は「スルスルこうそ」を飲んでも痩せないかもしれないのです。

ですので、このページでは、
スルスルこうそ痩せない
  • 「スルスルこうそ痩せない」原因は内臓型冷え性って何?
  • 内臓型冷え性を改善する方法
・・・についてお話ししたいと思います。




「スルスルこうそ痩せない」を引き起こす内臓型冷え性とは?

日本人女性の7割は手足の冷え性に悩まされていると言われています。 内臓型冷え性は手足ではなく内臓が冷えてしまう症状です。


内臓型冷え性は手足の冷え性と同様で、血行不良が原因で血液が隅々まで届かないせいで、内臓が冷えてしまい機能が低下するというもので、下記が代表的な症状です。 もし5つ以上当てはまるならあなたは内臓型冷え性の可能性が非常に高いです(苦笑)。

  • 平熱が35℃台
  • お腹に触ると冷たい
  • 疲れやすい
  • 風邪を引きやすい
  • 便秘や下痢が多い
  • 手足がむくむ
  • 肌荒れ、シミ、くすみが多い
昔から「冷えは万病の元」と言われていますが、例えば腸が冷えると便秘や下痢、免疫力の低下を招きますし、腎臓が冷えると膀胱炎になったり、胃が冷えると胃もたれになります。


このような症状ももちろん怖いですが、もしあなたがスルスルこうそでダイエットに挑戦しようとしているなら、内蔵型冷え性は「スルスルこうそ飲んでも痩せない」を引き起こしてしまう可能性が高いのです。


スルスルこうそは、食物酵素と乳酸菌の働きで腸を活発にし、血行を良くして基礎代謝を上げる(体温を上げる)事によってダイエット効果を狙っているわけです。


ですので、内臓方冷え性はスルスルこうそとは真逆の作用ですよね。


だから、「スルスルこうそダイエット」を成功させる為にまず、スルスルこうそを邪魔する「内臓型冷え性」の原因を知っておいた方が良いですね。




内臓の冷えを引き起こすモノって何?

では、どんな事が内臓型冷え性の原因になるのでしょうか?


加齢や運動不足
実は筋肉は体を動かす役割を果たすと同時に、収縮運動する事によって血液を全身に送るポンプの役割を担っています。

スルスルこうそ痩せない

ところが、加齢や運動不足が原因となって筋肉量はどんどん落ちてしまうのですよね。


そうすると、血液を全身に送るポンプの機能も低下するわけですから、当然内臓の血行も悪くします。



食事制限による栄養不足
体重を気にして食事を制限したり控えたリする人はとても多いです。でもそんな人に限って「太っちゃった!」という話しをよく聞きませんか?


実はこれには根拠があって、食事制限をする事によって栄養が不足してしまうと、内臓や筋肉を動かす為の燃料が不足してしまうんです。

スルスルこうそ痩せない

だから体内の温度も低下してしまい、内臓型冷え性になってしますのです。


この場合、食事自体を制限するのではなく“燃料”となる栄養はしっかり摂り、脂肪の材料となる食品を制限するべきなのですよね。



冷たい食べ物や飲み物
前項までとは違い、冷たい食べ物や飲み物は直接的に内臓を冷やします。

スルスルこうそ痩せない

ダイエットや美容の為にグリーンスムージーやコールドプレスジュースを飲む人も多いですよね。


このページの冒頭で、内蔵型冷え性の症状を幾つか紹介しましたが、心辺りのある人は「グリーンスムージーやコールドプレスジュースダイエット」を見直した方が良いかもしれません。


内臓を冷やしてしまう事で余計に血行不良を起こし、結果的に痩せないどころか太ってしまったという事態になりかねないからです。
スルスルこうそ痩せない
ここまで、内蔵型冷え性の原因を3つ取り上げました。 内臓型冷え性を改善する方法はいくつかあるのですが、スルスルこうその効果を高める目的も兼ねれば、下記の2つをオススメします。
こちらです↓




「スルスルこうそ痩せない」を防ぐ内臓型冷え性の改善方法
① 温かいモノと飲む

温かい飲み物は内臓型冷え性を防ぐ事にもなるのはもちろんなのですが、スルスルこうそに含まれる「食物酵素」の活性も助けるというメリットがあります。


愛知学院大学の大澤俊彦教授がNHKの番組の中で、「酵素が最も活性化する温度は30℃~60℃」と話していた通り、酵素は温かい温度で活性します。 逆に言うと、冷えた環境下ではその本領は発揮されません。

ですので、温かいお湯やお茶でスルスルこうそを飲むと良いのですよね。 もちろんスルスルこうそを飲む時だけでなく、内臓型冷え性の予防の為にも普段からなるべく冷えた飲み物食べ物を極力避けた方が良いわけです。




「スルスルこうそ痩せない」を防ぐ内臓型冷え性の改善方法
② お風呂に浸かる

お風呂に浸かると体温を確保できるので、内臓型冷え性の予防にもなるのはもちろんの事なのですが、スルスルこうそを飲む人であれば、お風呂に浸かって温まるのはとてもメリットがあります。


スルスルこうそに乳酸菌が含まれている事からも理解できるように、スルスルこうそには腸の調子を整える狙いがあるわけです。


その腸は副交感神経が活発になってくる夜10時くらいから、自身のメンテナンスをしたり、日中やり残してしまった仕事をガンガンやります。

ですので、このタイミングに体温がちゃんと確保できている状態なら腸も活動しやすいわけです。だから夕食時に飲んだスルスルこうその成分も浸透しやすいのですよね。


こんなふうに、お風呂に浸かるのは、内臓型冷え性の予防にもなるし、スルスルこうその働きを後押しする事もできるのです。


是非、実践してみてはいかがでしょうか?

>>スルスルこうその公式サイトはこちら