スリムフォー効かない

スリムフォーはお腹の脂肪を減らす機能性表示食品。だけど・・・


ちゃんと飲んでるのに、

効かないなぁ・・・
スリムフォー効かない


という人もいると思います。これからお話する事はスリムフォーに限った事ではないのですが、


スリムフォーのような健康食品を摂る場合、腸内環境が悪いと効きめがすごく悪いです。 つまり、スリムフォーを受け取る側に問題があると痩せる効果が薄れるわけです。

ですので、このページでは、スリムフォーを受け取る側の“腸”に焦点を当てて、
スリムフォー効かない
  • 「スリムフォー効かない」を引き起こすのはこんな
  • 3つの要因が「スリムフォー効かない」を作る
というテーマでお話ししたいと思います。




「スリムフォー効かない」を引き起こしかねない腸内環境とは

私たちが食事をすると、食べた物のうち92~96%は腸で消化吸収されていきます。 これがだいたい正常な人の消化吸収率です。


しかし、腸内環境が悪いと、この消化吸収率はガクッと落ちてしまうのですよね。


ですので、もし、受け入れる側の腸の消化吸収率が低かったら、スリムフォーは効かないという事になります。

そもそも、腸内環境が悪いとは、腸内に悪玉菌が増えてしまった状態です。


あなたはヨーグルトなどの発酵乳製品に善玉菌が配合されていて、腸内環境を良くする事を知っているかと思いますが、悪玉菌は善玉菌と真逆の事を腸内でやらかします。


悪玉菌は腸内でタンパク質を腐らせ、有毒物質やガスを生成し、これにより腸の運動量は落ち、便を排出させる力も弱まります。 そうすると、当然、便が腸に詰まってきて便秘を引き起こします。

スリムフォー効かない

こんなふうに、腸内が有毒物質やガスが充満し、便が詰まっている状態で、栄養が正常に消化吸収されるでしょうか?


されないですよね(苦笑)。


このような理由で、せっかくスリムフォーに内臓脂肪を落とす成分が含まれていたとしても、十分吸収されないのですから「飲んでも効かない」という事態が起こるのですよね。


それじゃあ、「スリムフォーを飲んでも効かない腸」はどんなふうにして作られてしまうのでしょうか?その原因をお話ししたいと思います。




スリムフォー効かない腸
① 食生活が原因

例えば、硬いお肉や脂っこい食べ物はとても消化が悪い(胃や小腸で分解・消化が十分できない)です。 こういった食べ物は、消化不十分なまま行き場を失い、大腸内で悪玉菌のエサになります。


また、スーパーやコンビニで売られている加工食品の多くには、保存料とか着色料とか防腐剤が含まれていますが、これらは善玉菌を死滅させます。でも逆に悪玉菌はこのような成分が大好物なのですよね。

スリムフォー効かない

つまり、“消化の悪い食べ物”とか、加工食品に含まれる“そもそも消化できないモノ”は全て悪玉菌のエサになり、悪玉菌を増殖させてしまいます。 こうして悪玉菌が増えた結果、腸内環境は悪化するんです。

ですので、普段から消化の悪いものや加工食品をなるべく避けるようにする事をおすすめします。


腸内環境はスリムフォーの効果に影響してきますから。




スリムフォー効かない腸
② ストレスが原因

ストレスは腸内に悪玉菌を増やし、環境を悪くします。


あなたも経験あるかもしれませんが、例えば大切なテストの直前とか、旅行で見慣れない土地に行ったりとか、重要な会議の前に、お腹が痛くなって下痢を起こしたりした事ありませんか?


もし、このような経験をあなた自身がしていなくても、身近にいる誰かがこのような経験をしているのを見たり聞いたりした事が必ずあるハズです(苦笑)。

スリムフォー効かない

実は、腸は「第2の脳」と呼ばれ、脳と密接に通じ合っているのですよね。


脳がストレスを感じると、ホルモンやサイトカインなど、いわゆる“伝達物質”を介して腸に「僕はストレスを感じてるんだよ~」と伝えます。 この刺激が原因で、腸は調子を崩してしまうので、お腹が下ったり、尿意をもよおしたりするんです。


このような脳からの刺激が長く続くと、腸は元気がなくなって運動量が落ちます。

腸の運動量が落ちるという事は消化吸収率も低下し、腸内には悪玉菌が増殖して腸内環境が悪化します。 これが、ストレスが腸内環境を悪化させるメカニズムなんですよね。


ですので、ストレスもスリムフォーの効果を薄めてしまうわけです。




スリムフォー効かない腸
③ アルコール

前項では「ストレスは腸内環境を悪化させる」というお話しをしましたが、「お酒はストレス解消になるから、腸に良いんじゃないの?」と思うかもしません。


確かに、アルコールはストレス解消に繋がる事もありますし、肝機能を良くする上でも有効です。


でも、これは「適量」な場合に限ります。

スリムフォー効かない

アルコールを飲むと、肝臓は解毒しようとしてフル回転しますが、これが毎日のように続いてしまうと、肝臓は疲弊し、解毒機能が低下します。 そうすると、解毒しきれない“毒”が体中を巡りますから、体内の細胞は傷ついていきます。 結果、体の免疫力が低下するので、ウィルスや病原菌が腸に侵入してきて悪玉菌とタッグを組んで腸内環境を悪化させるのです。


これが、アルコールが腸内環境を悪化させる理由なのですよね。




スリムフォー効かないを防ぐ為に腸内環境を整えよう

これまで、腸内環境がスリムフォーの効果に影響する理由、さらに、その腸内環境の悪化を招く3つの要因についてお話ししてきましたよね。


おさらいすると、次の3つですね。

スリムフォー効かない
『腸内環境の悪化を招く要因』

  • 食生活
  • ストレス
  • アルコール
つまり、これらは結果的にスリムフォーの効果を薄めてしまう大きな要因となるわけです。

でもそれ以前に、これらの要因は私たちの健康にも悪影響となり得るものですので、やっぱり普段から気を付けていかなければいけませんよね。

>>【公式】スリムフォーの公式サイトはこちら