スリムフォー痩せない

スリムフォーを飲んで痩せる人もいれば痩せない人もいると思います。


>>とりあえずスリムフォーを見てみる?


実は、「自律神経」の状態が「スリムフォーで痩せた痩せない」を大きく左右する場合があるのですよね。

ですので、このページでは、
スリムフォー痩せない
  • スリムフォーの効果に影響する自律神経って何?
  • 「スリムフォーで痩せない」をシャットアウトする自律神経の作り方
・・・についてお話ししたいと思います。




「スリムフォー飲んで痩せた痩せない」を大きく左右する自律神経って何?

まず、スリムフォーと自律神経の関係性をお話しする前に、そもそも自律神経とは何なのかをお話したいと思います。


あなたも「自律神経」という言葉を聞いた事がありますよね?でも、多くの人は「自律神経について説明しろ」と言われてもうまく説明できませんし、間違った解釈をしてる事が多いのですよね。

スリムフォー痩せない

自律神経と真逆なのが運動神経です。あなたは自分自身に「走れ!」とか「ボールを投げろ!」とか命令できますよね。 このように、あなたが行う運動は全てあなたの意思が関与しています。


一方、自律神経って、字のままの通り、私たちの意思を介さずにそれ自体が“自律”している神経なんです。

例えば、心臓が動いたり、胃や腸が動くのはあなたの意思は関与してませんよね?コレって勝手に動いてますよね。


要するに、自律神経は私たちの各器官を勝手に動かす指令役なのですよね。


で、そんな自律神経なのですが、2つ種類があります。
  • 交感神経
    早朝4時~夜8時くらいまで優位になる神経。交感神経が優位になると血管は細くなり血圧が上がります。胃や腸などの消化器官の機能はストップし、テンションが上がり日中の活動をしやすくなります。

  • 副交感神経
    交感神経とは逆で夜8時~早朝4時くらいまで優位になる神経。副交感神経が優位になると、血管は広がり、リラックスします。一方で、胃や腸などの消化器官はフル回転。日中摂った栄養を吸収したり体のメンテナンスしたりします。
この2つの交感神経が交互に訪れる状態が正常な状態(健康な状態)なのですよね。簡単に言うと交感神経はスイッチON、副交感神経はスイッチOFFみたいな感じでしょうか。


じゃあ、なぜこの自律神経がスリムフォーの効果を左右すると言えるんでしょうか?


スリムフォーは内臓脂肪を落とす効果のあるモノ。


だから逆に内臓脂肪を増やしてしまう要因全てが、スリムフォーの効果を引き下げるモノと言えます。

実は、自律神経の乱れは内臓脂肪を増やしてしまう大きな原因なんです。




なぜ自律神経の乱れが「スリムフォー痩せない」を引き起こすの?
① 過食の引き金になるから

そもそも内臓脂肪が溜まる最大の原因って「食べ過ぎ」による中性脂肪の蓄積なんですよね。


そうは言っても、ついつい食べてしまうのが私たちです。 自分ではそんなに食べていない気でも、実際1日で食べた物をデータ化してみると、ビックリするくらい食べている事が多いのですよね。


実は、このような「ついつい食べてしまう」行為には多くの場合、ストレスが関係している事がほとんどです。 私たちはストレスを受けると自身の自律神経のバランスを崩してしまうんです。


どういう事かと言うと、ストレスを受けると私たちの本能はそれに対抗しようとして交感神経を活発にさせますから、私たちの思考はフル回転し、テンションも上がります。

つまり、臨戦態勢になるわけです。


それで、ストレスを受ける時間が長時間に渡ると、ずっと交感神経が出っぱなしになってしまうのですよね。


前項で、正常な状態なら交感神経は日中の時間帯、副交感神経は夜の時間帯にそれぞれ優位になる事をお話ししましたが、ストレスを受け続けると、交感神経が引き下がらず、副交感神経が表に出てこないというわけです。


このような異常な状態になると、私たちの本能は緊急事態を察知し、なんとかして交感神経を引き下げ、副交感神経を表に出そうとします。


その反応が「食べる」なんです。

スリムフォー痩せない

これってどういう事かと言うと、実は、私たちが食べ物を食べると、自然と副交感神経が表に出てくるんです。


副交感神経は胃や腸などの消化器官に「食べ物が入ったよ~!だから消化器官をフル回転させて~」と命令を出す役目だからです。


ですので、私たちの本能は“食べたい欲求”をあおる事により、強引に交感神経を引き下げ、副交感神経を表に出そうとするのです。


これにより、自律神経のバランスは正常な状態に改善していくわけですが、その代償として、食べ過ぎにより内臓脂肪を増やしてしまうというわけなんですよね。


内臓脂肪を増やす要因=スリムフォーの効果を引き下げるわけですから、つまり自律神経の乱れが「スリムフォー痩せない」を誘発するのです。




なぜ自律神経の乱れが「スリムフォー痩せない」を引き起こすの?
② 消化機能が低下するから

そもそも自律神経が乱れると、胃や腸の消化機能が低下します。


これまでお話ししてきた事から分かる通り、胃や腸などの消化器官に対し「それッ!動け」と命令するのは副交感神経なんですよね。


ですので、先ほどのようにストレスなどが原因で副交感神経が雲隠れしてしまうと、消化器官の指令役が不在になるわけです。 こうして胃や腸の消化機能がグッと低下します。


その為、食べ物がきちんと吸収されきれず、腸内を漂うようになります。このような“吸収されない残りカス”のような物質は行き場を失い、結局中性脂肪として蓄積されてしまうのです。


中性脂肪が増える=内臓脂肪が増加するわけですから、内臓脂肪を減らすスリムフォーの効果を引き下げる結果になるという事なんですよね。




「スリムフォー痩せない」をシャットアウトする自律神経の作り方とは?

これまで、自律神経の乱れがなぜ「スリムフォー痩せない」を引き起こすのか、その理由についてお話してきましたが、じゃあどうしたら健康な自律神経を作れるのでしょうか?


多くの場合・・・

  • ストレス
  • 不規則な生活
この2つが引き金となって自律神経が乱れていきます。


ですので、この2つを改善させていく事によって、自律神経が正常になますし、スリムフォーの効果も高まるという特典も付いてくるのです。


もし、あなたが職場での人間関係でストレスを感じているのであれば、周りにいる同僚や上司に相談してみてはいかがでしょうか?


ストレスは他の人に自分の心境を打ち明けるだけでもかなり緩和します。場合によっては転職するなどして自身の環境を思い切って変える事も大事です。


また、あなたがもし不規則な生活を送っているのであれば、あなたは自ら自分自身の体にストレスを与えています。 あなたは実感がないかもしれませんが、あなたの不規則な生活によって体は悲鳴を上げているのです。


スリムフォーの効果を高める為にも、健康の為にも、自律神経を整えていく事をおすすめします。

>>【公式】スリムフォーの公式サイトはこちら