こうじ酵素

こうじ酵素は体内で作られる酵素の強化に貢献するサプリメント。


>>こうじ酵素を見てみる?


しかし、こうじ酵素が強化する「体内酵素」は、体温の影響をかなり受けてしまいます。


つまり、低体温の人ほど酵素が活性しにくいので、こうじ酵素を飲んで「効果を感じない」と思うかもしれません。

・・・ですのでこのページでは、
こうじ酵素
  • 酵素の活性に体温が関係している
  • 体温を上手に上げる方法
・・・について、お話ししたいと思います。




こうじ酵素がサポートする体内酵素の活性は体温に左右される

私たちは、寒い冬には体が硬直してしまいます。


ですので、ジョギングする時などは、準備運動やストレッチをし、動きやすい適正な体温にしてから臨みますよね。

こうじ酵素

これと同じように、酵素にも元気に活動できる温度というものがあります。


酵素はだいたい40℃くらいの温度の時に活発になります。


この40℃という温度は、人間の体内温度に換算すると36.5~37℃くらいだそうです。


つまり、酵素は私たちの体温が、
36.5~37くらいの時にもっとも活発になるというわけです。

ですので、こうじ酵素の効果を高めるために、体温を上げることを意識してみてはどうでしょうか?


そもそも体温を上げること自体、それだけでもダイエット効果があります。


例えば、体温が1℃上がると基礎代謝量は13~15上がると言われています。


分かりやすく言うと、体温を1℃上げるだけで、何もしないで消費されるエネルギーが約180キロカロリーも増えるということです。


こうじ酵素
それじゃあ、どうすれば体温を上げられるの?


・・・ということになりますよね。


実は、日常生活の中でちょっとしたことを実践することで、基礎体温を簡単に上げることができるのです。


体温が上げれば、酵素も活性しやすくなりますし、同時に基礎代謝も上がるので、この両輪を回すことがよりダイエット効果を高めるハズです。




基礎体温を上げる方法
① なるべく歩くようにする

基礎体温が低い大きな要因はズバリ、筋肉量が少ないからです。


筋肉(特にふくらはぎ)は心臓に次ぐ第2のポンプと言われ、血液を送り出す役割を担っています。


ですので、この筋肉量が不足していると当然、血液の循環が悪い状態になります。血行が悪いと体温は上がりません。

こうじ酵素

日常的に適度な運動をするのが、基礎体温を上げるベストな方法です。


でも、実際なかなか運動はできませんよね。


しかし、実際は、ジョギングなどのハードな運動は必要ありません。


基礎代謝を上げるには、一度にたくさん運動するのではなく、少ない運動量でコツコツが良いのです。


ですので、通学や通勤の時にひと駅歩いてみるとか、エレベーターではなく階段を使うようにしたりしてみてはどうでしょうか?




基礎体温を上げる方法
② 湯船につかるようにする

忙しかったりすると特に、お風呂はシャワーだけで済ませるケースが多いですよね。


でも1日1回は湯船に浸かるようにして下さい。10分浸かると体温は℃上がると言われています。

こうじ酵素

このようにして、1日1回は全身の血行を良くし、体温を上げることを習慣付けるようにしましょう。


先ほどお話した“なるべく歩く”と同様に、習慣的な努力が、結果として基礎体温を引き上げることに繋がるのです。




基礎体温を上げる方法
③ 深呼吸をする

意外かもしれませんが、深呼吸をすることで、基礎体温を上げることができます。


私たちはストレスを感じ、交感神経が優位になると、血管が細くなり血流が悪くなります。


そのような時には、深呼吸をするようにしてみて下さい。特にお腹に空気を入れる腹式呼吸は、とても有効です。

こうじ酵素

腹式呼吸で深呼吸をすると、肺の下にある横隔膜が上下に動くのですが、これが副交感神経を刺激するので、副交感神経が優位になり、血管が拡張されて血流が良くなります。

つまり、血行不良の改善になるので、基礎体温を引き上げる形になるのです。




基礎体温を上げてこうじ酵素を活性化しよう

これまで、基礎体温を上げる3つの方法についてお話ししてきましたが、特にダイエット目的でこうじ酵素を飲んでいる人にとっては、一石二鳥ですよね。


なぜなら、基礎体温を上げることができれば、こうじ酵素の効果も高まりますし、基礎体温を上げること自体が自然にダイエットになるからです。


加えて、基礎体温を上げることは免疫力の向上や、冷え性の改善に繋がるので、健康面にもとても良いのです。

>>【公式】こうじ酵素の公式サイトはこちら