雑穀麹の生酵素効果

雑穀麹の生酵素は、体内で作られる酵素をサポートするサプリメント。


>>とりあえず雑穀麹の生酵素を見る?


でも・・・


飲んでみたけど・・・
私は効果を
実感できなかった
雑穀麹の生酵素効果


・・・という人もいるハズ。


というわけでこのページでは・・・
雑穀麹の生酵素効果
  • 雑穀麹の生酵素の効果が実感できない原因は「ph」?
  • 酵素が活性しにくい胃内環境はこうして作られる
・・・というテーマでお話ししていきたいと思います。




なぜ分かれる?雑穀麹の生酵素の効果を感じる人、感じない人

確かに、ネットの口コミを見ると、雑穀麹の生酵素の効果を実感した人、しない人がハッキリ分かれているような印象です。

※画像をクリックすると拡大します

特に肌の艶に効きました。太ったり体調を崩すこともなくなりました。
雑穀麹の生酵素効果


痩せたリ美肌効果はまったく感じず。
雑穀麹の生酵素効果

「口コミランド」より



では、なぜ効果の出かたに差が出るのでしょうか?今回はその大きな要因の1つに、体内のphバランスが関係していると考えられるので、詳しく解説していきます。


>>雑穀麹の生酵素を見る?




酵素はph値によって活性したり失活したりする

あなたは「ph」という言葉を聞いたことはありませんか?中学校くらいで理科の授業で出てきたのではないでしょうか?


phはペーハーあるいはピーエイチと呼びますが、これはそもそも水素イオン濃度のことで、ph値が低くければ低いほど酸性が強くなり、逆にph値が高ければアルカリ性が強いことになります(ph値は0が最小で、14が最大です)。


雑穀麹の生酵素効果


実は、雑穀麹の生酵素がサポートする「体内酵素」の本体はタンパク質で、そのタンパク質(酵素)の表面は、アミノ基やカルボシル基と呼ばれる物質です。


それで、このアミノ基やカルボシル基は水素イオン(ph)の影響をとても受けやすいのです。


要するに、酵素はph(水素イオン濃度)の影響を受けやすいということです。

ですので・・・
雑穀麹の生酵素効果
酵素は自分自身に適した環境下では、活性して自分の役割を果たしますが、その反面、自分自身に合わない環境下ではその働きを失ってしまうわけです。
このように、酵素の活性に影響を与える「ph」ですが、実は、普段から私たちの胃の中でもph値の変動が起きているのですよね。


胃内環境は、酸性に傾いたり、アルカリ性に傾いたりするわけです。


実は酵素は、種類によって酸性を好む酵素もあれば、アルカリ性を好む酵素もあります。


下記は、どんな種類の酵素がどんなph値の時に活性するのかをまとめた表です(代表的な酵素に限定しています)↓

雑穀麹の生酵素効果


このように、酵素はph値が高いか低いかによって、種類ごとに活性度が違ってくるわけです。


>>雑穀麹の生酵素を見る?




酵素の活性を左右するph値は生活習慣などが原因で狂ってしまう

健康な人の場合、空腹時の胃のphは1.0~1.5くらいです。


これが食べ物を食べるとphが最大4.0~5.0くらいまで上昇します。


そして、胃酸の分泌によって再び酸性に戻っていき、食後2~3時間ほどすると元のph値に戻るといった具合なのです。


つまり、胃内のph値を正常値にキープする働きは胃酸が担っているわけです。 この胃酸の活躍によって、順次、必要なタイミングで、色々な酵素が活性していくわけです。

しかし、様々な要因で胃酸の分泌に狂いが生じます。


>>雑穀麹の生酵素を見る?




酵素が真価を発揮できない胃内環境はこうして作られる

病的な原因を除いた場合、胃酸の分泌に狂いが生じる代表的な原因は下記の通りです↓

  • ストレス
  • 過労
  • 不規則な生活
  • タバコ
  • 食べ過ぎや飲み過ぎ
  • 早食い
  • 過度のアルコール…etc
例えば、ストレスや過労などで胃に炎症を起こすことがあります。


ストレスや過労は胃酸の分泌を過剰にするからです。


また逆に、タバコは血管を収縮させてしまう作用があるので、胃への血流が不足し、胃酸が分泌されにくくなります。

雑穀麹の生酵素効果

こんなふうに、胃酸の分泌を狂わせるもの、つまり胃内のph値を狂わせる原因は意外とたくさんあるのです。


胃酸が過剰に分泌されたり、不足したりすると、雑穀麹の生酵素がサポートする酵素の活性も、当然悪くなってしまい、消化不良が起こり得ます。


消化不良は、腸内に悪玉菌を増やすことに繋がり、代謝の低下を招くので、ダイエットには悪影響です。


酵素ダイエットをで効果を実感するためには、健康的な胃内環境を作ることも大切なのです。

>>【公式】雑穀麹の生酵素の公式サイトはこちら