雑穀麹の生酵素飲み方

雑穀麹の生酵素を購入するからには、満足感を得たいですよね。


>>雑穀麹の生酵素を見てみる?


ですので、このページでは、

雑穀麹の生酵素飲み方
雑穀麹の生酵素を期待ハズレの買い物にしないための、飲み方のポイントはコレ
・・・というテーマでお話ししたいと思います。




「雑穀麹の生酵素」飲み方次第で効果が全然違う理由

突然ですが、あなたは料理をしますか?


「ハンバーグを作って下さい」と言われたとしましょう。


料理が下手な人は、ひき肉をこねてだた焼くだけで終わりかもしれません。


一方で料理が上手な人は、ハンバーグを美味しく作るポイントを知っているわけです。

雑穀麹の生酵素飲み方

例えば、玉ねぎを弱火でアメ色になるまで炒めてひき肉に混ぜると、お肉の甘味を引き出せるとか、ナツメグを少し入れると風味を引き出せるとか。


つまり、料理が上手な人はお肉の味を引き出す方法を知っているのです。


実は、雑穀麹の生酵素についても同じことが言えます。

つまり、雑穀麹の生酵素の効果を引き出す方法を知っていたリ、逆に効果を弱める要因を知っている人は、結果が出やすいので「雑穀麹の生酵素を買って良かった~」ということになります。


実は、雑穀麹の生酵素は飲み方に気を付けるだけで、効果にかなり差が出ると考えられるのです。


>>雑穀麹の生酵素を見る?




飲み方に注意
雑穀麹の生酵素が苦手なモノを洗い出そう

仕事や勉強の最中に眠くなった時の眠気防止に、コーヒーを飲んだりタバコを吸ったりする人は多いです。


コーヒーに含まれるカフェインやタバコに含まれるニコチンには即効性のある覚醒効果があり、一時的ではありますが、シャキッとした気分になることができます。

雑穀麹の生酵素飲み方

ただ、こうしたことはカフェインやニコチンの作用によって「無理やり中枢神経を興奮」させたに過ぎません。


こうした「無理やり中枢神経を興奮させる」行為は、大量のビタミンやミネラルを消費する形になるのです。


実は、酵素というのは、現在、存在が確認できているモノだけでも、約5,000種類あるのですが、それ単体で活動できる酵素と、単体では活動することができず、何らかの化合物と結合して、初めて酵素として活動できるモノの2タイプあります。


割合的には、後者のタイプの酵素の方が圧倒的に多いそうです。


単体で活動できない酵素は、補酵素と呼ばれる物質と結合しなければ酵素としての活動はできません。

雑穀麹の生酵素飲み方

それで、この補酵素となり得るのがビタミンミネラルなのです。


これらのビタミンやミネラルが、自力で動けない酵素たちとタッグを組んで初めて、酵素としての本来の機能を果たしていく形となります。


先ほども説明したように、補酵素(ビタミンやミネラル)と結合しないと活動できない酵素の方が割合的には多いわけです。


実は、コーヒーやタバコは「補酵素」を食い潰してしまいます。


雑穀麹の生酵素飲み方

せっかく雑穀麹の生酵素で体内酵素をサポートするのですから、酵素の活動を妨げる要因はできるだけ排除した方が良いわけです。


ですので、少なくとも酵素ダイエット中は、コーヒーやタバコを控えめにした方が賢明かもしれません。


>>雑穀麹の生酵素を見る?




カギは「補酵素」
雑穀麹の生酵素の効果を最大限に引き出すビタミン

前項で、カフェインやタバコが補酵素を消費させ、その結果、酵素の働きが鈍くなってしまう可能性があることについてお話ししました。


しかし、逆に考えれば、カフェインやタバコを控え、その代わり補酵素となるビタミンやミネラルを上手に摂取していけば、酵素は活性するという結論に至るわけです。


ですので、酵素の味方になり得る、ビタミンとミネラルを積極的に食生活に取り入れることをおすすめします。


では、具体的にどんな食べ物にビタミンやミネラルは豊富に含まれるのでしょうか?

まず、ビタミンについてお話ししたいと思います。


ビタミンは13種類あり、水に溶ける水溶性と油に溶ける脂溶性の2タイプあります。 つまり、ビタミンは水や油に溶けるのでビタミンを失わない方法で調理するのが良いのです。

水溶性ビタミンが多い食品
これらは水溶性なので、
での調理を避ける
豚肉、内臓類、ウナギ、シイタケ、大根、柿、ピーマン、バナナ、人参、ほうれん草、アスパラガス、柑橘類、納豆、サバ、イワシ、カキ、ニシン、エビ、海苔、チーズなど。

脂溶性ビタミンが多い食品
これらは脂溶性なので、
での調理を避ける
人参、小松菜、トマト、キャベツ、白菜、春菊、ウナギ、サンマ、マグロ、マス、カツオ、サケ、シジミ、アユ、バター、牛乳など

これらがビタミン(補酵素)を多く含む食品、つまり、酵素をサポートする食品です。


>>雑穀麹の生酵素を見る?




カギは「補酵素」
雑穀麹の生酵素の効果を最大限に引き出すミネラル

続いて、もう1つの補酵素ミネラルが多い食品にどんなものが上げられるでしょうか?

ミネラルが多い食品
海藻類、キノコ類、ほうれん草、納豆、エビ類、カニ類、貝類、ゴマ、ひじき、雑穀類、牛乳など

ちなみに、人間は自身の体内でミネラルを作ることはできません。


ですので、食事によってミネラルを補っていく必要があるのですよね。


ミネラルが不足すると、生活習慣病や精神不安定を引き起こします。


これは一説によると、ミネラル不足が引き起こす酵素の不活性も関係するようですので、普段からきちんと摂ることをおすすめします。


>>雑穀麹の生酵素を見る?




雑穀麹の生酵素の上手な飲み方

これまでのお話しで、雑穀麹の生酵素の効果を引き出す上手な飲み方が理解できたのではないでしょうか。


まとめると・・・

雑穀麹の生酵素飲み方
  • カフェイン、タバコを控える
  • ビタミン、ミネラルを積極的に摂り入れる
・・・ということになります。


このページの冒頭でハンバーグの例をお話ししましたが、雑穀麹の生酵素もある意味で「調理法」に効果が左右されます。


ですので、これまでのお話しを念頭に置き、是非、実践してみてはいかがでしょうか?

>>【公式】雑穀麹の生酵素の公式サイトはこちら