ベルタこうじ生酵素効果なし

ベルタこうじ生酵素を使用しても効果なし・・・。


>>ベルタこうじ生酵素効果なし?


そんなあなたは、食物アレルギーや慢性的な疲労感があったり、炭水化物や甘いもの、小麦食品が多い食生活ではないでしょうか?


その場合、もしかしたら腸に異常があるのかもしれません


このぺ―ジでは、

ベルタこうじ生酵素効果なし
  • ベルタこうじ生酵素の成分も腸から漏れ出てしまう「腸もれ症候群」を知っておこう
  • 腸もれ症候群の原因
・・・について、お話ししたいと思います。




ベルタこうじ生酵素効果なし?もしかしたら、腸の穴が原因かも

腸はヒトが生命を維持するために非常に重要な役割を担っていることは言うまでもありません。

腸内には、3万種類以上、1000兆個以上の腸内細菌が棲んでいると言われており、これらの菌が形成する腸内フローラは、消化・吸収だけにとどまらず、免疫力の維持や、生きてく上で必要不可欠なビタミンやホルモンなどを作るのです。
私たちが病気にならずに済むのも、体調を維持できるのも、腸のおかげなのです。


しかし、腸内細菌の研究がすすむにつれて、現代人の腸はとても弱っており、腸に穴が開いて中のものが漏れ出すという症状を多く抱えていることが分かってきたのです。

腸に穴が開いて中のものが漏れ出す症状は、欧米では広く周知されていて「リーキー・ガット・シンドローム(腸もれ症候群)」と呼ばれています。


ベルタこうじ生酵素効果なし
ですので、もし「腸もれ症候群」であった場合、ベルタこうじ生酵素を使用しても、成分が他の内容物とともに腸の穴から体内に漏れ出してしまう可能性があるわけです。
これはベルタこうじ生酵素の効果がある・なし以前の問題であり、早急に改善していくべき問題です。


>>ベルタこうじ生酵素効果なし?




ベルタこうじ生酵素の成分も流れ出る「腸もれ症候群」を知ろう

この機会に、腸もれ症候群について、正しい知識を得てほしいと思います。


腸は、口から運ばれてきた食べ物を栄養のあるものと、体にとって不要なものに仕分けし、栄養のあるものだけを吸収するという働きを担っています。

ベルタこうじ生酵素効果なし

逆に言うと、腸は体にとって不要なものを侵入させないためのバリア機能を持っているわけです。


バリア機能を果たしている腸壁は、広げるとテニスコート一面分もの広さになるようですが、非常に小さなひだひだで覆われています。


まるで絨毯(じゅうたん)のようなので、これを絨毛(じゅうもう)と呼ぶのですが、この絨毛自体も、さらに小さなひだひだ(微絨毛)でびっしり埋め尽くされています。
これまで「腸に穴が開く」と表現してきましたが、腸に直径数センチほどの大きな穴が開くわけではなく「微絨毛」の凹凸の谷の部分に、微小の穴が開いてしまうのが、腸もれ症候群なのです。

ベルタこうじ生酵素効果なし

これは非常に小さな穴ですが、ヒトの体にさまざまな不調を引き起こすものであり、人によっては無数の穴が開いている可能性もあるので要注意です。


現代人はこの「穴」の存在を知るよしもなく、なぜ自分の体が不調なのかを理解できないまま、体と心を引きずるようにして日々を過ごしているのです。


もちろん、このような状態ではベルタこうじ生酵素を使用しても効果なしというわけです。


>>ベルタこうじ生酵素効果なし?




「腸もれ症候群」によって腸はさまざまな体の不調の温床に

腸もれ症候群によって開く穴は非常に微小ですが、私たちにとっては脅威です。


最大の脅威は腸もれによって「有害」なものも体内に漏れ出してしまうことです。

腸は口から侵入してくる病原菌やウィルスが最終的に運ばれる「終着駅」ですし、腸の末端は肛門ですから、直接的に外気と触れるため、ここからも外からの有害物質が侵入してくるわけです。

ベルタこうじ生酵素効果なし

ですから、腸にはヒトの免疫細胞の7割が配備されており、日々有害物質を退治しているのです。


しかし、腸に穴が開いていたとすると、腸内の有害物質までもが腸壁を簡単に通過し、血液中に侵入していってしまいます。


その結果、血液中の白血球が異物を感知して攻撃を始めますから、これが炎症となって表れるのです。

この炎症が肝臓や胃などの臓器で起きれば、機能が低下し、疲労感や消化不良につながり、肌細胞で起これば、ニキビなどのお肌の炎症につながるわけです。

ベルタこうじ生酵素効果なし

血管内で炎症が進行すると、動脈硬化などの重大な疾患に発展することもありますし、脳の血管内で炎症が起きたらそれこそ大変なことになってしまいます。


>>ベルタこうじ生酵素効果なし?




腸もれ症候群の原因は何なのだろう?

これまで、腸もれ症候群がどのようなものか、どのようなリスクが伴うのかについてお話ししてきましたが、腸もれ症候群はなぜ起こってしまうのでしょうか?


原因は、現代人の食生活や生活習慣にあると言われています。

聞いたところによると、戦前の日本では、床に落ちた食べ物であっても、もったいなからとフーフーして食べていたようです。


また、今のように、家具や食器類、ベッドなどに抗菌スプレーをふりまいたり、抗菌グッズであふれている環境ではありませんでした。


こうした生活環境が、幼少期の頃から適度にバイ菌を腸に入れる結果となり、そのおかげで腸の免疫(バリアー)機能が高かったのです。

食生活についても、日本人は食の欧米化により腸内環境を悪化させる要因となる糖質の摂取が増え、腸内菌のエサとなる食物繊維の摂取量が減少してしまいました。

ベルタこうじ生酵素効果なし

食物繊維の摂取量は、戦前では1日あたり25グラムほどあったのですが、今ではその1/3にあたる8グラム程度しか摂れていないようです。


また、今はストレス社会と言われていますが、職場や家庭内のストレスだけでなく、SNSの利用から生じるストレスもあります。

ベルタこうじ生酵素効果なし

仕事も多様化したため、昼夜逆転の生活を余儀なくされたり、パソコン操作だけのほとんど体を動かさない生活になっていたりします。


こうした食生活や生活習慣は、腸内菌を減少させてしまい、腸内フローラの働きを悪くしてしまうのです。

腸もれ症候群は、腸内フローラの働きの悪さによって腸のバリアー機能が低下したことによって起きる症状です。


では、腸もれ症候群を予防したり、改善するにはどうすればよいのでしょうか?


腸もれ症候群が改善すれば、ベルタこうじ生酵素の効果もより期待できるに違いありません。

これについては、後日、別のページでお話ししたいと思います。


>>ベルタこうじ生酵素効果なし?